• トップ /
  • インプラントの検査とは

インプラントの麻酔

インプラントの種類と費用

インプラントの手術法

インプラント治療には一回法と二回法という二つの手術法があります。これはあらかじめ歯や顎の骨の状態などを確認してから、どちらの術式が適しているのかを話し合うのですが、インプラントは顎の骨に人工歯根を埋め込むので、骨がしっかりしている人であれば一回法で歯根の埋め込みと義歯の取り付けまでを終えることができます。二回法だと一度骨を補強して、しばらくしてから人工歯根を埋め込みます。一回法だと歯茎を開くのが一度で済むので体力的には負担が少ないです。

抜歯後はインプラントが最適

歯周病や虫歯などが原因で抜歯をしなければならなくなった場合には、その後の処置を決めなければなりません。保険治療で可能な選択は部分入れ歯となり、費用の点ではリーズナブルですが、使い勝手や使用感など、インプラントと比較すると必ずしも優れていないということはよく知られています。そのために、治療費用が多少アップしても、快適性の確保ができるインプラント治療を選択する人が多く見られるようになりました。相対的に判断すると、治療後の長期間の快適性という観点では、費用対効果に優れているということができます。

↑PAGE TOP