• トップ /
  • 歯科インプラントの方法

インプラントの種類は多い

歯科インプラントの方法

歯科インプラントの方法の違い

歯科インプラントは顎の骨に埋め込むインプラント(人工歯根)と失ってしまった歯の代わりである人工歯である上部構造、そしてその二つを連結するアバットメントの3つの部品で構成されています。歯科インプラントは世界中で100種類以上存在し、日本国内でも30種類以上使われていますが、製造会社によって素材や形状や構造などの規格が異なるため基本的には他社製品を組み合わせて使うことはあまりないです。さらに同じメーカーであっても種類やサイズなどにより規格が異なり、インプラントに接続する部品や付け外しする器具が異なることもあるため注意が必要です。埋め込むインプラントの種類として、人工歯根とアバットメントをねじで連結する2ピースタイプと人工歯根とアバットメントが一体化している1ピースタイプがあります。2ピースタイプは一回法と二回法のどちらにも対応することができ、顎の骨が痩せている人や全身疾患の持病がある人でもほとんどのケースで適用できます。状態と経過に合わせて数種類の中からアバットメントを選択して連結でき人工の歯の形態を歯科医が必要に応じて変化させることができます。1ピースタイプは一回法に用いられアバットメントを連結させるために歯茎を切開する手術の必要がなく、身体への負担が軽いものとなっています。

↑PAGE TOP